託児所への食事持ち込み・ザイザルの適応症

乳幼児は消化器官が未発達なので、大人よりも食物アレルギーをもっている可能性も高いです。託児所では乳幼児を預かることになりますが、その際の給食やおやつなどの対応が子どもの命を左右してしまうこともあります。
食物アレルギーを持つ親にとって一番の不安は、食事の時間です。給食がある託児所もあればない託児所もあります。自宅で除去食を実行しているのであれば、出来るだけ自宅と同じ対応をして欲しいと思うかもしれませんが、これを保育士や調理場の職員に全て委ねるのは心配な点も多いです。
食物除去は、完全除去から少しならば問題ない、という感じで段階があります。
もし給食で対応してもらうならば、完全除去か解除(自宅で食べられると判断したら託児所でも食べさせる)のいずれかが望ましいとされています。
完全除去であれば、代替食を特別に用意してもらうか、もしくは自宅から弁当などで食事持ち込みするのが安心でしょう。食事持ち込みについては託児所だけではなく小学校などでも行われている対応です。
食事持ち込みについては賛否両論ありますが、託児所や調理場任せにしてしまうと、万が一何かあったときに対応に困る危険性が高いです。
アナフィラキシーが起きてしまったときのエピペン自己注射は、保育士や教員が代わって使用しても良いとされています。痒みや蕁麻疹が出てしまったときのザイザルなどの抗アレルギー薬も、保管方法や緊急時の使い方を伝えておくと安心です。
ザイザルについては、最も使われているのは花粉症ですが、痒みや蕁麻疹などの皮膚症状に対しても使われています。ザイザルは、シロップタイプならば生後6ヶ月から使うこともできるという特徴があります。