無水乳脂肪や紀文豆乳に対するザイザルの効果

乳幼児の食物アレルギーの中で、鶏卵アレルギーと並んで最も多いのが牛乳アレルギーです。日本では2~3%の乳幼児に見られると言われ、じんましんやアトピー性皮膚炎、下痢や嘔吐のような症状が出ます。ひどい場合にはアナフィラキシーショックを起こし、命にかかわることもあります。アレルギーの原因は、牛乳に含まれるアルファS1カゼインというタンパク質です。カゼインは加熱しても分解しないため、アレルギーを防止することはできません。
牛乳を原料とする製品には粉乳や練乳、乳糖や無水乳脂肪などがあります。このうち純粋な乳糖や無水乳脂肪は、タンパク質をほとんど含んでいないため、アレルギーの原因になる確率は低いと考えられます。ただし乳成分が0.5%でも含まれていれば、アレルギーを起こす可能性があり、発症すれば重篤な症状に陥る危険がゼロとはいえません。乳糖や無水乳脂肪は慎重に利用する必要があります。
牛乳が飲めない人のために、紀文豆乳などの大豆製品が用いられることがあります。紀文豆乳には乳成分が入っていないため、アレルギー対策として有効です。ただし牛乳アレルギーを持つ人は、大豆アレルギーを起こす可能性もあるので、注意しなければなりません。また紀文豆乳のうちでも砂糖や香料で味を調整した製品は、小児には勧められません。
アレルギー症状が出たときは、ザイザルなどの治療薬が効果を発揮します。ザイザルは眠気や喉の渇きのような副作用が少ない、第2世代の抗ヒスタミン薬です。錠剤のほかに小児用のシロップもあり、通常は6か月以上から服用できます。ただしザイザルはアレルギーの症状を緩和するだけなので、根本的な原因を取り除くことが大切です。